女性の病気を検査できる人間ドックの種類があります

女性の病気を検査できる人間ドックの種類があります

人間ドックの種類には、レディースドックというものがあって、女性が発症しやすい病気について詳細な検査ができる内容のものを指します。


レディースドックでは主に、子宮頸がんや子宮内膜症、乳がんの検査を行います。

女性特有の病気を発症するかどうかは、普段の日常生活の過ごし方などにも左右されるものですが、人間ドックを定期的に受診しておくことによって、早期発見が行いやすい種類の病気とも言えます。婦人科というと妊娠している女性が通う病院というイメージを持っている女性が多いと考えられますが、女性特有の病気というものは若い世代から発症する可能性もありますので、その後の人生設計に大きく影響を与えるものになりかねません。



乳がんや子宮頸がんに関しては、他のがんと比較した場合に20代や30代のうちになりやすい病気であると言えます。
レディースドックでは通常の人間ドックの内容に加えて、これらの女性が発症しやすいがんについての検査を受けることができるので、早期発見につなげることが可能です。

人間ドッグに関する疑問にお答えします。

子宮および卵巣についての病気は、年齢が30歳代を超えたあたりから増加している傾向がデータとして出ていますので、30歳を過ぎたら1年に1回の人間ドックを受診することが推奨されます。また、血縁者の中に乳がんや子宮頸がんを発症した経験のある人がいるときには、特に受診することが望ましいと考えられます。

レディースドックで定期的に受診することが望ましい検査としては、マンモグラフィーや超音波検査、子宮頸部細胞診という検査があります。



Copyright (C) 2015 女性の病気を検査できる人間ドックの種類があります All Rights Reserved.